究極のシンプルスキンケア「肌断食」始めました

 

今回はタイトルの通り、スキンケアについてのお話です。

シンプルな暮らしを目指している私たちにとって、スキンケアって結構悩みませんか?洗顔料から化粧水、乳液、美容液、その他もろもろ・・・。

化粧品が溢れかえる羽目になって、「うわあ・・・。」って気持ちになるんですよね。

 

どうしたものか?と思っていろいろ調べて、最近は「牛乳石鹸&ハトムギ化粧水のみ」というスキンケアをしていたんですが、今回はとうとうその上を行くシンプルスキンケアを見つけてしまいました・・・。

 

その名も「肌断食」。

なんと、「洗顔は水or純せっけんのみ」、「洗顔後は何もつけない」という究極のシンプルスキンケア!シンプルすぎる!!!

「え!?そんなの、肌に悪すぎるでしょ!」って思いますよね。私も最初はそう思いました。でも、一概にそうとは言えないみたいなんです。

 

 

今回参考にしたのは、こちらの「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」という書籍。

著者の宇津木龍一氏は、アンチエイジング治療専門の美容形成外科医とのこと。なんと、お医者さんが提唱しているスキンケア方法なんです。宇津木先生の名前を取って、「宇津木式スキンケア」と呼ばれています。

 

少しは信ぴょう性、増しましたかね・・・?(笑)

 

「宇津木式スキンケア」のやり方

 

かるーく宇津木式スキンケアの方法について触れておきます。

本当に簡単なので。

 

朝:水(ぬるま湯)で優しく洗顔する。

※乾燥が気になる場合は、米粒程度のワセリンをつける。

夜:ポイントメイクを落とした後、純せっけんで優しく洗顔する。

 

以上です。(驚)

 

基本は「つけない・こすらない・洗いすぎない」

使うものは純せっけんとたまにワセリンだけ。朝に至ってはせっけんすらいりません。

化粧水も乳液も美容液も全部つけちゃいけませんよ!

 

なぜかというと、宇津木先生が言うには基礎化粧品はどんなに良い物を使ってもなんだかんだで肌に悪いからだそうです。

日本人女性の肌は、基礎化粧品に頼りすぎて「肌の再生力」が衰えており、基礎化粧品をつけ続けていないとすぐボロボロになってしまうとのこと。

 

肌に良かれと思って続けていたことが逆効果になっていたなんて、ショックですよね。

 

しかし、基礎化粧品を全て断つことで、本来肌が持つ再生力を復活させ、基礎化粧品がなくても綺麗な肌でいることができるとのこと。

 

とにかく、私はこのスキンケアに必要なものが「純せっけん」と「ワセリン」のみ、という究極のシンプルさに惹かれてしまいました。

 

もともと肌も敏感肌で、化粧品が苦手だったし・・・。

(ズボラだから肌にいろいろつけるのも面倒だったし・・・。)

 

思い立ったら即行動。

さっそく、これから始めていこうと思います!(笑)

 

本当はちょっとずつ基礎化粧品を減らしていって、最終的に完全に肌断食をする、というのがおすすめなのですが、私の場合はもともとそんな大したスキンケアをしていなかったので、必要なものが揃ったら完全に基礎化粧品を断ってみようと思います(笑)。

 

純せっけんやワセリン、お湯やせっけんなどで落とせる化粧品などを買わないといけないですからね。ここらへんはまた後日まとめます!

 

わたしの肌がどうなるのか・・・、こうご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です