どうしても不安な時って、どうしたらいいの?

 

 

あなたには、「どうしても不安で心が落ち着かない」っていう時はありませんか?

 

私はよくあります。

心配性なせいか、人に「こんなことで不安になるの!?」って言われるくらい、些細なことですぐ不安になります(笑)

 

ひどいときは、四六時中何をしていても不安なことが頭から離れなくて、

最終的に何もできなくなってしまったり・・・。

 

毎回毎回、不安を抱える度にこんな息苦しい気持ちになるのは嫌ですよね。

 

「どうにか、このもやもやした不安をどうにかできないものか」

 

今日は、そんな悩みでお困りの皆さんに、「不安を軽くする方法」を

お伝えしていきます!

 

人はなぜ不安になるの?

 

まず、「なぜ不安を感じるのか?」という根本的なところを考えてみましょう!

 

人が不安を感じるのは、「自分ではどうにもできないことを考えたとき」です。

 

例えば、「将来どうなるのかな?」とか、「明日のプレゼン失敗したらどうしよう?」とか、

「恋人に振られたらどうしよう?」とか。

 

全部、今の自分にはわかりようもないですよね。

将来のことは将来にならないと分からないし、プレゼンを失敗するかは明日にならないとわからないし、

振られるかどうかは恋人次第です。

 

このように、人は「自分のコントロール外の物事」について不安を抱くということですね。

 

つまり、生きている以上は不安と上手く付き合っていくしかないということです。(泣)

 

不安を完全に無くすことはできません。

なので、「不安を無くす」のではなく「不安と上手く付き合っていく」というスタンスで構えておきましょう!

 

不安を軽くするには

 

それでは、不安と上手く向き合っていくにはどうしたらいいのでしょうか?

簡単にできる、二つの方法をご紹介します!

 

1.不安に思っていることを紙に書く

 

まず、自分が何に対して不安を抱いているかを明確にしましょう!

 

一番いい方法は、「紙に書く」です。

 

そうすることで、頭の中だけでぐるぐるしていた不安が視覚化でき、

気持ちの整理がついたり具体的な解決案を考えたりできます。

 

特に、複数の不安を一気に抱えているときなどはとても有効です。

 

たくさんの悩みで頭がいっぱいになっていると、思考がまとまらなくなってしまいますよね。

 

そうすると、「どうしようどうしよう・・・!」と、さらに不安が煽られてしまいます。

 

そんなとき、不安に思っていることをひとつずつ紙に書いていくと、

悩みをひとつずつ客観視することができて、さらにそれについての解決策も落ち着いて考えられたりしますよ。

 

紙とペンがあれば簡単にできるので、おすすめです!

 

2.不安に思っていることを誰かに聞いてもらう

 

ふたつめは、ずばり「誰かに不安を吐き出す」です。

 

「紙に書いてもだめ、解決策も思い浮かばないよ・・・」となってしまったときにおすすめです。

 

家族、友人、恋人、ネット上など、

探せば必ず悩みを聞いてくれる人がいるはずです。(あ、人は選びましょうね!)

 

不安を抱えやすい人は、「真面目で人に頼れない」人が多い気がします。

 

真面目だから物事一つ一つを真剣に捉え、かつ自分ですべて背負い込んでしまう・・・。

そりゃ不安も抱えやすくなるよ!ってことですね。

 

人に悩みを聞いてもらって、「人に頼る」ということに慣れましょう。

人に頼ることは全然悪い事ではないんです。どのみち人は一人では生きていけないですからね。

 

このとき大事なのは、「なるべくたくさんの人に聞いてもらうこと」です。

 

たくさんの人に同じ悩みを相談すると、ひとりひとり反応が違うことがわかると思います。

 

「大変なんだね・・・」と慰めてくれる人や、「そんなのなんとかなるよ!」と元気づけてくれる人、「こうしたら解決するんじゃない?」と具体的に解決策を考えてくれる人・・・。

 

そうすると、「こんなにたくさんの捉え方があったのか」とフッと心が軽くなると思います。

 

不安を抱えているときは、どうしても悲観的になって思考が狭まってしまうことが多いです。

 

そこで、多くの人に悩みを話し、悩みに対する多角的な視点を得ることで、

「自分の思考がいかに狭くなっていたか」に気づくことができるというわけですね。

 

私も、実際に不安を抱えたときはいつも楽観的な友人に相談します。

 

だいたいは「大丈夫大丈夫!死にはしないって!なんとかなる!」と返ってくるんですが、

「それじゃ解決してないじゃん!」と思いながらも、本当にそんな気がしてくるから不思議です(笑)

 

まとめ

 

ここまで「不安を軽くする方法」について触れてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

大事なのは、「自分の抱えている不安を、客観視できるようにする」ということです。

 

主観的に捉えすぎると、どんどん悲観的になってしまいますからね!

 

紙に書いたり、人に聞いてもらったりして、「不安」と上手く向き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です