ブレインダンプで頭をすっきり大掃除しよう!ブレインダンプのやり方をご紹介

 

あなたは「なんだかもやもやするなあ」と思った時はありませんか?

例えば、「何をしたらいいのかわからない」とか、「自分のやりたいことがわからない」とか・・・。

 

こんな時、頭の中がいろんな情報でいっぱいになって混乱してしまいますよね。ぐるぐる考えすぎて、最終的には「あー、もういいや!」と考えるのを放棄してしまうことも(私だけ?笑)。

 

そんなこんなで、何か頭の中を整理するためのいい方法はないだろうか・・・と探してみたら、いい方法を見つけました!

 

その名も「ブレインダンプ」!

ということで、今回は頭を整理させるための方法、「ブレインダンプ」についてシェアしていこうと思います。

 

ブレインダンプってどんな方法?

 

では早速、ブレインダンプについて説明します。

 

ブレインダンプとは、ブレイン(脳)をダンプ(放り出す)こと。「脳を放り出すってどういうこと!?」と突っ込みたくなりますが、つまりは「自分の思考・考えをすべて吐き出す」ということです。有名なのは紙に書きだす方法ですね。

 

自分の頭の中の情報を全て紙に書きだすことで、自分の思考を客観視できるようになったり、情報を整理することができたりと、さまざまなメリットがあるんです!

 

ブレインダンプのやり方!

 

では、ここからはブレインダンプのやり方についてご紹介します。

といっても、やり方は簡単!

 

1.紙を用意する

 

まず、思考を書き出すための紙を用意します。結構な量を書くことになると思うので、なるべく大きい紙の方がいいです。A4サイズの紙が定番ですね。

 

ホワイトボードに書いたり、あとで整理しやすいようにひとつづつ付箋に書いたりする人もいるので、ぜひ自分のやりやすい方法を探してみてください。

 

2.書くテーマを決める

 

次に、書くテーマを決めます。テーマは本当になんでもいいです!

「やりたいこと」とか「理想の生活」とか、「やらなきゃいけないこと」などなど、自分の書きたいテーマを自由に決めましょう。

 

悩み事が多い人は「不安に思っていること」、自分に自信がない人は「自分ができること」、「自分の好きなところ」など、自分の解決したい事に重点を置くのもいいですね!

 

3.テーマごとに時間を決めて、思いついたことを全て書きだす

 

テーマを決めたら、次は時間配分を決めましょう!

長時間やると脳も疲れてしまいますし、短時間の方が脳がフル回転していろいろアイデアが出やすいです。5~15分くらいがおすすめ。

 

時間配分を決めたら、早速タイマーをセットして思ったことを全て書き出しましょう!

 

ポイントは、「思いついたことは全て書く」です。「この情報を書くべきか書かないべきか」というのはこの段階では一切考えないでください!どんなに悪いことも恥ずかしいこともきちんと書きましょう(笑)。

 

脳が疲れ果てるまでひたすら書き続けるのが大事です!!

 

4.書いたことを眺めて、情報を整理する

 

書き終わったら、自分が書き出した情報を眺めてみましょう。達成感とともに新たな発見がたくさんみつかるはずです!

 

眺めるだけでなく、書き出したことをさらに整理するのもおすすめですよ。目に見える形になったことで、頭の中だけではうまく整理できなかった情報も整理しやすくなっているはずです。

 

例えば、「悩んでいること」をテーマにしてババーッと紙に書いていくと、頭の中がすっきりして、解決策や対処法を落ち着いて考えたりすることもできますよ。

 

ブレインダンプで頭の断捨離をしよう

 

今回は、「ブレインダンプ」のやり方についてご紹介しました。

 

ブレインダンプをすることで、頭の中でグルグルしていた情報をすっきり整理することができます。いわゆる断捨離ですね。

情報を整理することで自分がやるべき行動を明確にできるので気持ちも前向きになります!

 

また、ブレインダンプは一回だけじゃなくて、何回もやるのがおすすめです。思考は毎日新しく生まれていくので、定期的にブレインダンプをして思考や情報を磨いていきましょう。

 

もやもやした気分もこれですっきりするはず!ぜひやってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です